中高年の就職を確実に勝ち取るコツ

*

就職の成功・失敗は、面接時に確認作業を行うかどうかにかかっています

   

具体的な給与額

 面接時に聞いておいた方がいいこと、確認しておいた方がいいことの中で、恐らく最も聞きにくいのが給与のこと。しかし、これを確認しておかないと後悔し、就職後に失敗したと感じてしまうかもしれません。

 求人に給与額が書かれているなら、それが本当かどうか。自分の年齢や経歴でも最初からそれだけ貰えるのかどうかを確認しておきましょう。求人に具体的な給与額が書かれていないなら、ここは聞いておかなければ、そこに入社するかどうかの判断のしようがありません。

 必要であれば、自分の希望している給与額も伝えながら確認をしておきましょう。

どのような給与体系か

 給与額も重要ですが、給与体系も面接の時点で確認しておきたい重要な項目。歩合制なのか、それとも固定給制なのかでも、かなり待遇が変わってくるでしょう。どちらがいいかはあなたの判断ですが、これを知らずに入社してしまうと大変です。また、ボーナスなどはどういった形で支給されるのかも確認しておきたいところ。

 お金の話というのは自分から切り出しにくいことではありますが、求人に詳しく書かれておらず、しかも面接時に会社側から説明する姿勢が見えなければ、そこには必ず何か裏があると思う必要があり、もしそこで確認を怠ると、必ず後悔すると思っておくべきなのです。

休日について

 社員の休日がどのように決まるのか、これも確認しておいてください。持ち回りで休みになるのか、それとも完全に休日が決まっているのか。これによって働き方が大きく変わってくるはず。持ち回りで休みになる場合には、それがどのように決定されるのかも確認しておきたいところ。

 休日は固定されているけど、その日に出勤しなければならないことはあるのか、これについても質問しておいた方が安心できるでしょう。就職後に、「聞いていない」と嘆くことにならないよう、思い切って質問することが大切です。

【関連記事】
人事が中高年の転職者の気になるところ
内定を貰うための志望動機とは
厳しい面接を乗り切るための服装とは

 - 面接対策

  関連記事

人事が中高年の転職者の気になるところ

転職についての質問は必至  面接で聞かれること(よくある質問)を知り、それへの対 …

厳しい面接を乗り切るための服装とは

上から下までチェックしておきたい服装  服装と聞くと、スーツに気が行きがち。中高 …

内定を貰うための志望動機とは

履歴書の志望動機との違い  志望動機は、履歴書に書くそれと、面接で直接人事担当者 …