中高年の就職を確実に勝ち取るコツ

*

就職を目指す中高年の方々なら、体調管理ができて当たり前

   

中高年で健康に無関心では駄目

 学生さんなどなら、健康に無関心でいるのもまだわかります。しかし、社会人であれば、健康に無関心なままではいけません。しかもそれが中高年の方であれば、もはや健康を気にすることを毎日の習慣としておかなければおかしいでしょう。今現在働いていなかったとしても、これから就職を目指すのであれば、体調管理ができて当たり前なのです。

 中高年で健康に全く関心を持たない状態だと、それは寿命にも直結してきます。既に人生の折り返し地点は過ぎていると思いますが、ゴールまでの距離を伸ばすのは日々の体調管理であり、健康な身体をどれだけ早くに手に入れるかによって、その距離は変わってきてしまうのです。

 単なる寿命ではなく、健康寿命を延ばすためにも、体調管理が当たり前の毎日を築き上げておきましょう。

就職活動に耐えられない可能性も

 体調管理をする毎日が当たり前ではない人は、もしかしたら、就職先が決まる前に身体の自由が利かなくなってしまうかもしれません。最悪の状態は回避できたとしても、頭が働かなくなったり、常に身体のどこかに違和感などがあれば、就職活動が上手くいくことはないでしょう。

 健康面で就職活動に耐えられない就職希望者なんて、そんな惨めな姿の自分を想像して耐えられるでしょうか。就職する気があるなら、就職活動と共に健康的な生活も実践し、就職も健康な身体もどちらの獲得も目指すべき。それこそが社会人を目指す人の使命でもあるのです。

毎日歩いて毎日3食

 体調管理にこれまで無関心だった人は、毎日歩いて毎日3食、これを意識して日々の生活を送ってみてください。就職活動はきっと数ヶ月は最低でもかかるはず。その間ずっと毎日歩いて毎日3食を繰り返せば、内定がもらえる頃には見違えるように体調がよくなっているはずです。

 そもそも、健康を作るのは基本的な生活の繰り返し。毎日歩いて3食食べるなんて基本中の基本。食事のバランスも重要ですが、まずはこの生活を当たり前とすること。歩く距離も次第に延ばしていけば、どこかのタイミングで「若返った」と実感することもできるでしょう。

 就職活動を行っても、就職後に仕事をしても、楽に動ける自分と出会えるはずです。

【関連記事】
中高年者が転職計画を立てる時は
転職活動に必須の企業研究
中高年の転職希望者と、その市場価値

 - 転職の準備

  関連記事

中高年の転職希望者と、その市場価値

年齢に反比例する市場価値  年を重ねるというのは、非常に残酷なものです。特に転職 …

中高年者が転職計画を立てる時は

中高年者は複数の転職計画を  転職計画は自分がやるべきことを割り出し、やりやすい …

転職活動に必須の企業研究

応募の決断は企業研究の結果次第  応募する企業を選択する基準はいろいろとあります …